iTunes Store(Japan)
音作りのこといろいろと書いています。 カテゴリからどうぞ
楽器、機材選びに役立つ比較カタログもあります。

2009年03月21日

リハーサルスタジオでみんなの音が良く聞こえない!vol.2

リハスタで立ち位置ってどうしてますか?
最近のリハスタはしっかり吸音されていて使いやすいところが増えてきましたね。

大きな部屋は確かに音が聴きやすいけど、値段が高いのでそうそういつもは使えないです。

聴きにくい時、こういうのはどうですか?

ほとんどのバンドの皆さんはアンプを背にしてたつと思います。
ステージでは、当然そうやって立つので自然だと思いますが。

でもなんか聴こえにくくないですか?

   ドラマーもアンプの音が聴きたい!
Export Custom ECX・ECX925/C-D+AA-PFSET
メイプル100%のシェル Sabian AAシンバルのセット ドラムの定番です
dw DW-7002PT ツインペダル
使ってる人よく見かけます 言わずと知れた dw かっこいい
【新品】Roland TD-12KVS-WT(ホワイト)【送料無料】
これなら家でもおもいっきり ドラムの表現力と演奏性を追求した本格派です

特にドラマーさんいかがでしょう。

アンプを背にしてたつと弾いている本人は良く聴こえても、他の人は聴きづらい、何故なら弾いている人が音をさえぎっているから!!

だからってちょっとアンプの横のほうにずれてみると、ぜんぜん聴こえなくなりますね。

そんな時はアンプの反対側の壁に、アンプの方を向いて立ってください。

そしてアンプをなるべくドラムの方に向けましょう。

つまり、ベースとギターはドラムの両サイド斜め前あたりにいて、自分のアンプは遠い側の壁にあって正面から聴くことになります。

こうすると弾いている本人は良く聴こえるので、必要以上に音量を上げなくて済みます。

相手の音も、斜めから聴くことになりますが、ドラムの方を向いているの良く聴こえてきますよ。

狭い部屋の時、特に効果があります。

シールドが届かないって言わないでください、そこは使わなくてもエフェクターを挿むなどの工夫でなんとか.....

なんかやりづらいとき試してみてください。

いつもやってるよ! て言われそうな話ですみません。
ワンポイントでした。
posted by maximize at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音作りワンポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115987464
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。