iTunes Store(Japan)
音作りのこといろいろと書いています。 カテゴリからどうぞ
楽器、機材選びに役立つ比較カタログもあります。

2009年03月25日

スピーカーが測定まで!

部屋の環境も考慮してくれるスピーカー?
最近のニアフィールドモニターには、測定用の専用アプリケーションとマイクが付属してきて、部屋の環境に対応しようというものが出てきました。

以前お話した IK Multimedia の ARC というアプリケーションは、スピーカーに送り込む音の方からアプローチするものですが、ここでご紹介するTANNOY の PRECISION 6D は測定値に基づいて、スピーカー側の設定を切り替えるというものです。


【スピーカー】TANNOY PRECISION 6D [Pair] 【Activ-Assist付属】

Activ-Assist™という付属のアプリケーションは、TANNOYのアクティブ・スタジオ・モニター「Reveal 6D」、「Precision 6D」及び「Precision 8D」専用に開発された音響計測用のソフトウェアです。

Windows/Macintosh両OSに対応し、デュアル・チャンネルFFT測定を行い、使用環境下でのモニター特性をオプチマイズすることが可能です。

ソフトウェアには2,000種類のEQパターンが含まれており、測定結果に基づいてリアパネルのDIPスイッチで行う設定をその中から提案します。

ソフトウェアで提示される設定パターンには、音響上の負荷、壁、天井、機材の反射、吸音特性を反映したレスポンス修正が適用されています。その結果、グラフ表示される周波数特性を考慮して、モニターの設置位置、拡散/吸音対策に役立てる事ができます。

時代は進化していますね。

タグ:モニター
posted by maximize at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM DAW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116195229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。